他の共有者が自分の持分を不動産業者に売却,そのようなときは弁護士法人ウィズがあなたの代理人として業者との交渉を担当

 現在,多くの不動産業者が,不動産の共有持分の買い取りに参入してきています。

 共有持分を購入して,他の共有者(使用者)に買い取りをもちかけたり,全体としての売却を持ち掛けるなどしてきます。そして,交渉がまとまらないと,共有物分割請求訴訟をすると威嚇して,言い値で買い取らせようとしている業者もいるようです。

 あなたが共有地を自宅として利用しているのであれば,このような業者との交渉は悩ましいものです。

 弁護士法人ウィズは,多数の不動産業者と取り引きがございます。持分の時価を短時間で判明させることができますので,粘り強く交渉ができます。

 また,あなたに持分の買い取り資金が不足する場合であれば,買い取ることを前提に不動産全体でのノンバンクの利用が可能ですので,買取資金について心配は不要です。勿論,ノンバンクをご紹介します。

 そして,あなたが共有物についての管理費(固定資産税等)をご負担されている場合であれば,共有持分の強制買い取りもご利用可能ですので,ご相談ください。