一人の共有者が共有不動産を利用(居住)していても共有分割請求は可能

 一人の共有者(相手方)が共有不動産を利用(居住)していても,共有物分割請求は可能です。

 その前には,まず,相手方に自分の共有持分の買取を請求します。

 相手方が利用しているのであれば,買取の請求には前向きに検討するはずです。

 価格で合意できれば問題ありませんが,合意できないときは共有物分割請求訴訟を提起します。

 そして,裁判所で価格について協議します。

 裁判所でも協議がまとまらないとき,判決となりますが,相手方の買取価格に限界があるときは,裁判所は相手方の支払可能な金額以下で買取価格が妥当と考えれば,その額で判決しますし,その可能な金額を超えるときは,競売を命じることになります。