共有持分を不動産業者に譲渡することは可能,かなりの低価格になる場合がほとんど

 共有物分割請求を念頭において,自身で交渉すると,交渉がうまくまとまっても数か月はかかります。

 一方,不動産業者へ持分売却をすれば,すぐに売却でき,代金を入手できます。

 しかし,不動産業者への持分は短時間で換金できますが,金額は,市場価格の高くて5割,低くて2~3割が多いと聞きます。

 もっとも,それも当然です。持分を買い取った不動産業者は,自身で他の共有者と交渉し,そして,交渉がまとまらなければ,共有物分割請求訴訟を起こさな ければなりません。

 そうなれば当然,弁護士費用もかかりますし時間もかかります。

 その間に,何が起きるかわかりません。そうであれば不動産業者が廉価で購入するのはある意味当たり前です。

 ですので,廉価でもよいので急ぐといった特別な事情がない限りご自身で共有物分割請求をする,そのためにはわたくしどものような専門家,ぜひ弁護士法人ウィズに相談されることをお勧めします。