共有持分を早く現金化したいのであればノンバンクが利用可能

 共有持分を時価で現金化するには共有物分割請求がよいということはお話ししました。

 しかし、共有物分割請求で実際に現金を得るまでにはそれなりの期間を要します。

 一方,不動産業者に持分を譲渡することは,早期に現金化できますが,価格がかなり安価になるともお話ししました。

 そこで,共有持分を担保に提供して,ノンバンクから融資を受けるという方法があります。融資を受けながら,他の共有者に持分を買い取ってもらうか,共同 売却するかを協議し,それが決裂すれば共有物分割請求訴訟を起こして,訴訟で持分の買い取り,競売による売却で持分を時価で現金化し,ノンバンクに返済するという方法です。

 一般に,銀行の場合,持分があるからだけでは融資は難しいですが,不動産融資専門のノンバンクであれば,持分の担保提供だけで融資してくれるところがあり,上記精算のスキームから,毎月の返済は金利だけ,残額は清算時一括決済に応じてくれることもあります。

 わたくしども弁護士法人ウィズは,不動産融資専門のノンバンク大手と取り引きがございますので,ご希望があればお申し出ください,ご案内いたします。